『ゲゲゲの鬼太郎 第6期』第5話 感想

はじめに

こんにちは。こんアニ!管理人の「あにこん」です。

今回は、『ゲゲゲの鬼太郎 第6期』第5話感想をお送りしたいと思います。

かみなりさま+ねずみ男=悲劇。これは避けられないのか?

今回の感想

かみなりさま登場

借金を踏み倒して、貸金業者?にビルの上から落とされたねずみ男。
「助けてくれ~」と祈ると、空から「かみなりさま」が登場します。

最初は「呼んだ覚えはない」というねずみ男でしたが、かみなりさまを使った悪巧みを思いつきました。

しかし、そもそも「かみなりさま」は雷の神様であって、妖怪ではないと思うんだけど、この扱いは大丈夫なのか?

ねずみ男、電力業界に参入

ねずみ男は「ビビビ電気」という会社を設立し、かみなりさまの電気を、安く販売することで金儲けをします。

しかし、工場や企業を誘致して、大々的に街を開発するとは、ねずみ男にしてはうまくやります(本当は、そんなすぐに工場が立ったり、企業が誘致できたりするわけではないのですが、そこは突っ込まずにいましょう)

電気攻撃で口封じ

しかしある日、ビビビ電気の市議会に対する裏金工作のことが、雑誌に書かれます。何とかしたいビビビ電気側は、その記事を書いた記者に対して、かみなりさまの嫌がらせ攻撃?を発動します。

しかし、鬼太郎で「市議会に対する裏金工作」が出てくるとは思いませんでした。雑誌記者に対する嫌がらせ攻撃も、ちょっとしたホラーになっています。ここだけ別の番組のようです。

結局、女性記者は感電死に至ったようです(殺してしまったのは意外です)。
そして、社長に怒るねずみ男。実は、この嫌がらせはビビビ電気の社長が独断でやったことでした。

焦るねずみ男。鬼太郎の介入を恐れます。ねずみ男も、鬼太郎の強さは知っているから必死ですね。

かみなりさま、戦闘マシーン並の強さ

ねずみ男は、ほとぼりが冷めるまで隠れているように頼みますが、かみなりさまは聞き入れません。
「鬼太郎がどれだけ強いか知らんが、ワシを誰だと思っている、神様だぞ!」

そして、かみなりさまと鬼太郎の直接対決となりました。かみなりさま優勢で、鬼太郎は押されます。

そこに現れる子泣きじじい。かみなりさまに抱きついて、重くなることで一時かみなりさまを抑えます。目玉おやじは言います。「このままでは勝てない。準備をしよう」

そんな中、警察と向き合い戦うかみなりさま。雷と銃弾が飛び交い、起こる爆発。本格的に、「違う番組」になってきました。戦争アニメです。

炎の中を歩くかみなりさまは、まるで戦闘マシーンのようです(巨神兵を思い出します)。

鬼太郎、電気勝負に勝つ

そして鬼太郎が再登場します。自身を電気を使って電磁石にして、かみなりさまのバチを奪い取り、太鼓を叩けなくします。

しかし、なおも向かってくる、かみなりさま。鬼太郎は、電気を吸収しつつ自らの体内電気を加え、かみなりさまに攻撃します。

とうとう、かみなりさまは消滅します。強敵でした。

しかし、雑誌記者を感電死させてしまったり、街を滅ぼそうとしたのは大変問題ですが、元はといえば、ねずみ男の悪巧みが原因です。

そういう意味では、かみなりさまは被害者のような気がしました。元々、かみなりさまは人間を滅ぼそうと思っていた訳でもありませんし。

今後の展開は?

予告は「厄運のすねこすり」。
妖怪にとりつかれた女性とは、いったい?

終わりに

雑誌記者を殺害したり、かみなりさまを妖怪扱いしたりと今回は、ちょっと違和感のあるお話でした。
妖怪ものではありますが、少し「ほっこり感」が欲しい気がします。
(そういえば、猫娘やまなちゃんが出てない!)
次回も見たいと思います。

では、今夜もアニメでよろしくね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする