『ゲゲゲの鬼太郎 第6期』第12話 感想

はじめに

こんにちは。こんアニ!管理人の「あにこん」です。

今回は、『ゲゲゲの鬼太郎 第6期』第12話感想をお送りしたいと思います。

鬼太郎が、石になってしまいました。日本は、どうなってしまうのか?

今回の感想

「たぬきそば」で御用

日本は、たぬきが政権を握ってしまいました。反たぬき派の人々は、次々に逮捕されていきます。また、たぬきそばを注文しただけで「たぬき侮辱罪」で御用になってしまいます。なんと言うことでしょう。世も末だ!

反たぬき派の人の家は、火事になっても消火活動が行われないなど、露骨な差別が発生します。人々は、お互いに見張り合うようになってしまいます。

こういうところ、日本人は(日本人だけじゃないかもしれないけど)体制側、権力側に付くと言うか、「お上」にへつらう感じが強く出ますね。

こんなアニメ、子供に見せていいのかしら?

まなちゃん、要石破壊を志願

夜、まなちゃんの部屋に、猫娘たちがやってきます。目玉のおやじも、ぬりかべに発見されて合流します。鬼太郎が石になったと聞いて、ショックを受ける猫娘。それでも、猫娘や目玉のおやじは、たぬきへの反攻作戦を考えます。

要石にかかっている呪いが妖怪だけならば、人間の私がやれば壊せるんじゃないか、と言い出すまなちゃんです。目玉おやじは「危険だ」と止めますが、「今度は、私が助けたい」と言います。なんとりりしいことでしょう。でも、危ないよー。

町のたぬきから、地下道への入り口を聞き出し、突入するまなちゃんと猫娘たちです。
団一郎などのたぬき連中が行く手を阻みますが、鬼太郎ファミリーの力で乗り越えます。砂かけばばあの大技、砂太鼓も出ます。

まなちゃん、たぬきになる

そしてまなちゃんは、要石までたどり着きますが、そこで刑部たぬきは、まなちゃんにかけた呪いを発動します。

たぬき妖怪になってしまうまなちゃん。やっぱり元がまなちゃんだけあって、結構可愛いところがいいです(そんなこと言ってる場合じゃない)。

まなたぬき妖怪は、目玉おやじを襲いますが、猫娘の声がきっかけで正気を取り戻し、要石に近づきます。

妖怪の状態では危ないと目玉おやじが言いますが、手を伸ばします。

その時、一反木綿が刑部たぬきにアタックし、呪いの発動を止めます。でかした、一反木綿!

要石の破壊成功!

人間の姿に戻ったまなちゃんは、要石を押します。あっさり谷底に落ちる要石。粉々に砕けます。

そんな簡単に動くのか? それに大事な石だったら、もっと安全なところに設置しておかないと駄目なのでは? 崖の先っちょに設置するなんて、壊してくれと言ってるようなもんですよ。

ともかく、要石が破壊されたことで、たぬきたちは苦しみだします。やはり、エネルギー源だったのですね。鬼太郎も、石化が解けます。

妖怪獣、暴れる

これで日本も救われたかと思いましたが、刑部たぬきの怨念が妖怪獣に乗り移ります。
妖怪獣は、鬼太郎たちに襲い掛かるのでした。そんなのありか!

鬼太郎は、指鉄砲で攻撃を加えますが、妖怪獣を倒すことができません。ここら辺の戦闘シーンは、かなり派手です。

もうダメかと思った時、まなちゃんが言います。「私の手が光ってる」

まなちゃん、パワーを注入!

目玉おやじが言います。
「これは、要石の力がまなちゃんに流れ込んでしまったのだ」

まなちゃんは、手に宿った力を鬼太郎の背中から注入します。そんな便利なことができるのか。

鬼太郎は、要石の力も加えた上で指鉄砲を撃ちます。巨大なエネルギーが妖怪獣を貫きます。まるで波動砲のようです。
ようやく、妖怪獣を倒しました。やれやれ。

今後の展開は?

怪しい男(名無し)が、またも登場しました。
まなちゃんの手に、「怨念のオーラ」のようなモヤモヤが吸い込まれていきます。
何かヤバイ事が起こりそうな感じが・・・

終わりに

日本が、たぬきに乗っ取られてしまうとは! 大体は、未然に防ぐ話が多いですけど、「一旦、悪妖怪のたくらみが成就した後、ひっくり返す」っていうのも面白いですね。今回は、まなちゃんが大活躍でした。

たぬき政権下で、でかい顔をしていた人は立場がないのでは? そういえば、猫娘は、ねずみ男をちゃんと「とっちめて」やったのでしょうか?
次回も見たいと思います。

では、今夜もアニメでよろしくね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする