『ルパン三世 PART5』第24話(最終回) 感想

はじめに

こんにちは。こんアニ!管理人の「あにこん」です。

今回は、『ルパン三世 PART5』第24話(最終回)感想をお送りしたいと思います。

再び、不二子を「救出」するためにシェイクハンズ社の本社に乗り込むルパンたち。果たして、今度は成功するか?!

今回の感想

消えたルパン

シェイクハンズ社の本社です。アルベールたち(各政府の代表?)が、ヒトログの情報の扱いについて修正を求めています。それに対してエンゾ・ブロンは、きっぱりと「ヒトログに対する規制」を拒否します

ルパンがヒトログに書き込む機密情報で、世界中は大混乱ですが、エンゾ・ブロンは「暴露されても困らないような行動をとれば良い」と言います。確かに正論ではありますが。。。

エンゾに対し、アルベールは言います。「そのヒトログも、ルパンだけは予測できていない。あいつは、データで測れるほど浅くねえよ」

それを聞いたエンゾは、苦い顔をします。確かにこの一ヵ月、ヒトログを始めとしたネット情報に、ルパンの姿はありません。「ヒトログで、より良い社会をつくる」という理想を持っているエンゾにとって、今のルパンは「手に負えない存在」ということになります。

場面変わって、海の上です。漁船(トロール船)が浮いています。ルパンが、釣りをしています。するとそこに、ピザを持ったレベッカが現れました! PART4のレベッカですよ~ まさか、セリフ付きでの再登場が叶うとは! 感激!!

トロール船は、レベッカのものでした。この一ヵ月、ルパンは「知り合いの所を転々としていた」そうです。どんな知り合いなんでしょうか? 気になります。

それはともかく、トロール船の前の海面が盛り上がります。潜水艦? ルパンは、予告状の用意に取り掛かります。いよいよですよ!

ルパン、不二子奪還作戦再開!

シェイクハンズ社の本社の最上階です。不二子とアミがいます。すると、突然振動が起こります。何事かと思えば各政府軍の攻撃でした。ヒトログに業を煮やした各国政府が、いよいよ軍事行動に出たのです。おー、ここまでするかー。

「ルパンを待ってる余裕は無さそうね」と不二子は言います。その時、アミがルパンの予告状を発見します。

その頃、オリグ島に近づく金色の潜水艦があります。その中から、ルパンの車が飛び出して島に上陸します! ルパンが来ましたよ!

(潜水艦やダイアナは、TVスペシャル「ハリマオの財宝を追え」絡みらしいですが、見てないのでここはスルーします)

シェイクハンズ社本社を目指すルパン達です。そこにヘリの攻撃があります。反撃する次元。ヘリを落とします。次元もガッツポーズ!です。

車が本社前に着きます。今度は、五ェ門が斬りまくります。

兵が距離を取ると、次元が銃撃! 近距離攻撃と遠距離攻撃のバランスが取れています!

五ェ門「ルパン、ここは任せろ!」
次元「不二子に、顔を見せに行くんだろ」

ルパン「そうだな・・・。そんじゃ、そうするわ!」

そう言って、本社に入っていくルパンです。いいなあー。「ここは任せろ」展開! やっぱり、ルパンファミリーですよ!

ルパンが置いていったカメラによって撮影される、次元と五ェ門です。中継を見ている人々の中には、ミラージュ親子の姿もあります。ちょこちょこ、過去回のキャラを出すのは良いですね。

一方で、逃走中のリン・ポーです。その前にアルベールが現れます。彼は、「リン・ポー死亡」と上に報告した上で、リン・ポーに自分の庇護下に入るように勧めます。そうか、これがアルベールの狙いだったか!

フランスという「国」を狙っている彼にとって、人を操ることができるヒトログの技術は、是非とも欲しかったに違いありません。まんまとリン・ポーを手に入れた、アルベールです。暗躍するなー。

ルパン、最上階に到着

そして、最上階に到着したルパンです。エレベーターが止まっていたので、階段上がりとケーブルのよじ登りでここまで来ました。タフやな~。

「ルパン!」それを見て喜ぶアミです。良い笑顔!

ルパンに対し、銃を抜くエンゾ。それを見たルパンも、銃を取り出しますが落とします。ケーブルのよじ登りで手を痛めているようです。すると、アミがその銃を拾って構え、ルパンをかばいます。

エンゾ「やめろ。お前には撃てない」

アミ「どうして判るの? ヒトログに書いてあった? 娘のことも判らないで、何がヒトログよ!」

アミちゃん、怒ってますねー。ここでルパンは、アミを止めます。エンゾは銃を撃てない、と。ルパンのことを知りたがっているので、無理だと言うのです。ルパンは、エンゾの横を素通りして、不二子の前に立ちます。

ルパンの、不二子に対する「答え」

「不二子、愛してるぜ」と話しかけるルパンです。

知ってるわ」と答える不二子です。

ルパン「世界一のいい女だ」
不二子「それも知ってる」
ルパン「この間の答えが聞きたいのか?」
不二子「そうよ、ルパン。私は、あなたの何?

恋人、ライバル、障害物、踏み台、港、棺桶・・・と出てくる選択肢たち。

不二子「男同士なら友達でいい。でも私、男女の友情は信じてないから」

ルパン「俺もさ、考えたんだよ。お前に言われてから色々と。けどな、実は俺も良く判ってないんだよ。ルパン三世が何なのか」

不二子「また、逃げるの?」
ルパン「判らないなりに考えて、今日はその答えを持ってきた

そう言って、顔に手をかけるルパンです。まさか?! グググーと、顔のマスクを剥ぎ取ります! いつもの顔が変装だった?!

びっくりするアミです。そりゃそうだよね。

エンゾもびっくり。「そうか、ルパン。それがお前の(秘密か)」

無言で不二子を見つめる、「素顔」のルパンです。

それを見て、微笑む不二子です。

不二子は、自分で檻の鍵を開けます。そして、ゆっくりルパンに近づきます。ルパンは、黙って不二子にキスをするのでした。

おー! 何という展開! なんか、「いつものルパンの顔が変装で、その下に素顔がある」という裏設定が有ったような気がしますが、それをここで使ってくるとは!

不二子も、誰も知らない(であろう)ルパンの秘密を明かされたことで、自分の存在がそれだけルパンにとって重いものである、という事が伝わった?

しかし、シルエットを見る限りでは、顔の輪郭は同じみたいですし「本当の素顔」と「いつもの顔」はそんなに差があるのかな?

段ボールで脱出せよ!

爆発が続く、本社ビルです。いよいよ、倒れそうです。ルパンは、アミにビルの構造解析を頼みます。最後まで倒壊しない場所を探るためです。その際、エンゾは、アミがハッカー「アンダーワールド」であることを知ります。

倒れ始めるビル。その時ルパン達は、ビルの外壁部に立っていました。手には段ボールを持っています。えっ、まさか滑るの?

そのまさかで、段ボールをしいてビル外壁を滑り降りるルパン達です。これ、絶対尻が燃えるから! 草スキーじゃないんだから!!

そこに、エンゾが滑り降りてきます。あんたもか!

エンゾ「てめえの秘密は、理解した。次のヒトログでは、確実に捕えてやる」
ルパン「俺の秘密が、あれで終わりだと思ってるのか? ルパン三世は、まだまだ・・・」

話が終わる前に、外壁の破壊部に乗り上げ、空中に投げ出されるルパンです。不二子たちも、空を舞います。なんとなく、メルヘンチック!

そして、外壁を走って下っていくルパンたちです。カリ城か~! そんな中、アミがこけます。

ルパン「ミ!」
エンゾ「ミじゃねえ。アミだ!」
(ここは、文字だと伝わりにくいですが・・・)

そう言って、アミを抱きかかえるエンゾ・ブロンです。

アミ「どうして、こんな名前に?」
エンゾ「母さんの国の言葉だ。意味は『ネット』!」

あっけにとられた顔のアミです。というか、あにこんもびっくり! 「アミ」のイントネーションで、まるで「網」だなーと思ってましたが、まさか本当に「網」とは! そして、その意味する所が「ネット」! なるほど、やられた!

エンゾ「母さんと考えた。お前の名前は、未来に繋がってる~」

いい表情のエンゾです。それにしても、急にどうして「お父さん」ぽくなったの? 考えられるのは、次のふたつです。

  • アミがハッカー「アンダーワールド」であることを知り、実力を認めた
  • ルパンの「素顔」を見て、秘密の一端を知ったことで、妄執が晴れた

これでエンゾの心境が変わったのでしょうか。それにしても、変わりすぎな感じもしますけどね。

銭形も、います

ヘリで本社近くまでやってきた、銭形と八咫烏です。戦場のような光景に驚きますが、銭形は「ルパンは死なない。自分が捕らえるまでは死なない。死なせてたまるか」と言います。

双眼鏡でルパンを発見すると、いつも通り「ルパン、逮捕だ~」と叫びます。なんか、嬉しそうです。

一方、銭形のヘリを発見すると、不二子は次元と五ェ門を連れ、ルパンに「先に行くわ」と言います。

ルパンに、アミと話す時間を作ってあげたのですね。余裕の不二子です。優しいね。

アミの出した「答え」

「アミ。一緒に来るか?」アミに向かって、手を差し出すルパンです。

戸惑う表情を見せるアミです。どうする?

考えた後、アミはルパンの手を取ります。「ありがとう、ルパン」

アミは、ルパンと握手して言います「また、会いましょう

微笑みの表情のアミが良いです! なんか、ふっ切れた?

「そっか。またな、アミ」というルパンです。

エンゾ「いいのか?」

アミ「隣にいて欲しいけど、近すぎると落ち着かない。私のものになって欲しいけど、独り占めできたら、きっとがっかりする。彼の全てを知りたいけど、謎めいていて欲しい。何なの、これ?」

エンゾ「アミ。そういう人間をなんて言うか、知っているか?」

アミ「判るの?」

エンゾ「ヒーローだよ」

アミ「うん!」

ニッコリするアミです。いい笑顔だなあ。なんか、この親子も、もう問題なさそうですね!

ルパン三世は永遠に

草原を走るルパンと次元です。


不二子も走っています。

五ェ門です。

銭形です。「ルパン、逮捕だ~」

ルパン「変わらないねー」
次元「俺たちもな」
五ェ門「だが、悪くない」
不二子「まあ、いいんじゃない?」

ルパン達の後ろ姿です。

キレイに終わったなー。面白かったです。

今後の展開は?

PART6を待ってます!

終わりに

ルパンと不二子の決着。ルパンは「素顔」を見せて、それに応えました。それにしても、次元が「顔を見せに行くんだろ」というのが、そのままの意味だったとは! さすが次元!

アミとルパン。ルパンの差し出した手を取り、握手し、そして離すのは、アミもまた真の「ヒロイン」へと成長した証でしょうか。不二子、レベッカ、クラリス、ダイアナらの域に達したかな? 是非ともまた、登場して欲しいキャラクターです。

PART5は今回が最終回ですが、今クール(7~9月)最高に面白かったです。脚本も良かったし、スタッフさんの「ルパンへの愛」がヒシヒシと伝わってきました。ありがとうございました!

では、今夜もアニメでよろしくね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『『ルパン三世 PART5』第24話(最終回) 感想』へのコメント

  1. 名前:昔の女・・? そんな安い言い方しないで! 投稿日:2019/01/18(金) 20:09:31 ID:35217caad 返信

    ルパンⅢ世~イタリアンゲーム

    ルパン結婚する。

    アミィ『・・・どういうことなの?ルパン・・・』

    アミィ『・・殺し屋に依頼するわ・・』