『ゲゲゲの鬼太郎 第6期』第55話 感想

はじめに

こんにちは。こんアニ!管理人の「あにこん」です。

今回は、『ゲゲゲの鬼太郎 第6期』第55話感想をお送りしたいと思います。

熱い思いで、人間のコーチをする妖怪。猛特訓に励む「妖怪・人間コンビ」は、目標を達成できるのでしょうか?

今回の感想

テニスのコーチをしたい妖怪・狒々

ゲゲゲの森で、妖怪がラケットを振り回しています。狒々です。

狒々は昔、人間にテニスを教わって以来、その魅力に憑りつかれているのでした。

そして、過去に育てた選手は、世界ランキング4位に至った実績もあります。凄いな。

その狒々は、猿相手のテニス指導に飽きて、人間のコーチをすることにします。次のオリンピックで金メダルをとれる選手を育成しようと決意しますが、果たして、どうなるのでしょうか?

強くなりたいテニス少女・優美にコーチ!

一方、中学校のグラウンドでテニスの練習をサボっている優美です。

彼女は、本格的にテニスコートで練習することを望んでいました。

そこに狒々が現れます。「テニスをうまく、強くしてやる」という狒々に対して、

優美はコーチをしてもらうことを決めます。

決めるのが早いなあ。狒々の姿が怪しさ満点なのに、そこには突っ込まないのね。まあ、「巨人の星」の星飛雄馬並みに目が燃えているから、本当に強くなりたいのは判るけど。

ちょっとは強くなったものの・・・

意気投合した2人は、早速毎日猛特訓に励みます。

その勢いで、地区大会に勝ちました。

記者の取材にも「気合と根性」だと言って、精神論をぶちかます狒々です。

それにしても、狒々村コーチってなんやねん! あからさまに怪しいんですけど。

しかし、ここから風向きが変わり始めます。優美は、全国大会の一回戦で負けてしまいます。

狒々は「根性が足りないからだ!」と更に練習をさせますが、

次第に優美は狒々についていけなくなります。

「根性よりも技術を教えてほしい」という優美に対して、狒々はほっぺたを叩きます。暴力はいけませんよ! その時、まなちゃんが優美に駆け寄ります。

まなちゃんと優美は友達だったのです。その流れで、鬼太郎と猫娘もテニスコートにやってきました。
鬼太郎たちに対して、「優美を本気で強くしようと思ったら、こっちも本気でぶつかって行かなあかんのや」と涙を流しながら語る狒々でした。

まあ、本当に強くしてあげようと考えているのは分かるんですけど、「とにかく根性」という精神論だけでは限界がありますよ。

ハラスメント地獄?

そして、「狒々がパワハラをした」ということで、学校が記者会見を開きます。

大事になってきました。それにしても、記者会見に出てくる妖怪とは。。。時代ですか?

そして、体罰や強制的に練習させたという事で、狒々は1ヶ月の謹慎となります。逆に、謹慎で済んで処分が軽かった感じもしますが、ともかく狒々は、優美の様子を見に行きます。

すると、優美はかわうそを新しいコーチにしていました。懐かしいな、かわうそ!

狒々は対抗心を燃やしますが、やることなすこと優美に嫌がられてしまいます。

またも記者会見になりますが、次から次へとハラスメントで責め立てられる始末です。

結局、「相手が嫌だと思えば、それがハラスメント」になってしまうのが面倒なところですね。

そして、狒々はまたしても記者会見に開くハメになります。今度は、過去のコーチに関する疑惑でした。

記者などに責めたてられた狒々はついに我慢の限界に達し、暴れ回ろうとしますが、

鬼太郎に瞬時に倒されます。弱い!

狒々は言います。「やっぱり、ワシのやり方は古いのかもしれんな」

目玉おやじは言います。「今の風潮に合わせて生きるか、自分を貫くか、非常に難しい時代になった」

そう考えると、「昭和の時代」はものすごく遠いものになりましたね。

結末

後日、優美はテニスの全国大会で優勝します。え、優勝したの?

肝心のコーチは誰かと思ったら、なんと、ぬりかべでした!

鉄壁の守備」が決め手になったようです。壁だけに。
でも、優勝したのは本人ですからね。こんだけ頑張れたのは、「狒々の根性」が身についたからかもしれません。

そして、狒々はと言うと、またゲゲゲの森で猿達相手にテニスのコーチをしていました。

結局、コーチはするのね。根性論でやり方変わってないし。

今後の展開は?

予告は「魅惑の旋律吸血鬼エリート」。
美しく鳴り響くギターの音色。このメロディーは何でしょうか?

終わりに

今回は、スポ根ギャグアニメでした。

根性だけで乗り切れる時代は、遠い昔になってしまったのです。昭和の時代は、とにかく精神論で「根性!根性!」と言ってたような気がします。

「そういう時代」だったとはいえ、技術面や理論的な話はなくて、とにかく「頑張るんだ!」で指導されていたと思うと、ちょっと何だかなあと思います。

指導する方も、今回の狒々のように本当に「強くしてあげよう」と思っていたとしても、何らかの理論的裏付けがないと「とにかく根性だ」という精神論だけでは、指導を受ける方も付いて行けないわけです(根性も大事だと思うけど)。

話はそれますが、(いつも思うのですが)鬼太郎はサブタイトルがちょっと大げさです。
「ハラスメント地獄」という話でしたが、どちらかと言うと狒々がハラスメントと言われて責め立てられてるなーという印象を受けました。

まあ、実際のところ、「やられた方がハラスメントだと思えばハラスメント」になってしまう時代ですから、狒々が悪いんでしょうけどね。
あにこんも古い人間ですから、狒々に共感する部分もあったりします。いかんいかん。
次回も見たいと思います。

では、今夜もアニメでよろしくね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする