『ゲゲゲの鬼太郎 第6期』第54話 感想

はじめに

こんにちは。こんアニ!管理人の「あにこん」です。

今回は、『ゲゲゲの鬼太郎 第6期』第54話感想をお送りしたいと思います。

人間と妖怪が、土地を奪い合っています。その先にあるものは、一体何でしょうか?

今回の感想

泥田坊が出現

メガソーラー発電場の建設現場に妖怪・泥田坊が出現し、作業員が次々と襲われます。

作業員たちは妖怪を怖がりますが、建設会社の社長の黒須は工事をやめようとしません。

30年前にも同様の事件

実はここでは、30年前にも同様の事件が起きていました。田を潰しゴルフ場を建設する計画が進められたせいで、泥田坊は暴れていました。そのときに鬼太郎は、苦悩の末に泥田坊を倒したのでした。

そして、現在です。鬼太郎は、警告の為に建設現場にやってきました。そこで黒須と出会います。

しかし、二人は30年前に既に会っていました。実は黒須は、泥田坊のせいで命を落とした作業員の息子でした。

それもあって、意地でも工事を続けるつもりなのかな。

やっぱり妖怪を憎んでいるようです。

黒須対泥田坊

夜です。黒須が一人で作業をしている時に泥田坊が現れます。

逃げるかと思いきや、黒須は巨大なライトをいくつも泥田坊に浴びせます。

黒須は、泥田坊が熱に弱いと考えたのです。はたして、泥田坊は乾燥して粉々になります。

泥田坊を退治したと思った黒須でしたが、雨が降ってきたことで状況が変わります。水分が補充された泥田坊が復活したのです!

黒須の息子が父親を追いかけてきたこともあり、復活した泥田坊に黒須親子は襲われます。

大ピンチです。

結末

鬼太郎は、親子を見捨てるわけにもいかず、泥田坊を体内電気?で消滅させます。

鬼太郎としても苦渋の決断だったと思います。やむなくという感じです。
やるせない鬼太郎ですが、黒須の息子からのお礼の言葉が唯一の救いでしょうか。

結局、騒ぎになったこともあり、メガソーラー発電所の建設は中止となりました。

泥田坊も消え、工事も中止になって、全部なくなってしまいましたね。

後日。黒須親子は、現場に墓のようなものを作り手を合わせています。

そして、鬼太郎はいつも通りゲゲゲの森で寝転んでいました。

鬼太郎の目に映るものは、何でしょうか?

今後の展開は?

予告は「狒々のハラスメント地獄」。
熱い思いで、人間のコーチをする妖怪。猛特訓に励む「妖怪・人間コンビ」は、目標を達成できるのでしょうか?

終わりに

人間と妖怪は、分かり合うことができないのか?

しかし考えてみると、これは人間と妖怪に限ったことではないかもしれません。同じ人間であっても、主義主張が違うだけで争うこともあるし、立場が違うだけで相手のことを考えない行動に出ることもあるわけです。

今回、泥田坊は田んぼを取り返そうとしただけだし、人間側も町の立て直しのためにメガソーラーを作ろうとしただけです。要するに双方に言い分があり、どちらが悪いと言うわけでは無いのが辛いところです。

鬼太郎は、終始、両者が争わずに済むように尽力していましたが、結局は泥田坊を消滅させることになってしまいました。

それでも、最初は妖怪を憎んでいたであろう黒須社長も、最後には泥田坊の冥福を祈ってか、墓のようなものを作っていました。

もともと心の中では鬼太郎への感謝があったとはいえ、泥田坊の存在に対し「相手を考えるようになった」のは一歩前進だと思います。対立があったとしても、「相手の事を考える」ことが両者の和解の第一歩でしょうからね。

我々も、立場の違う相手に対しても、相手の身になって考えるようにしたいものです。
次回も見たいと思います。

では、今夜もアニメでよろしくね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする